ほやほやです!byほや子

『ほやほや』は瀬戸市出身の上浦未来が、改めて地元をじっくり歩いてみて、出会った魅力的すぎる人や出来事を書く、ウェブ版のエッセイです。

瀬戸市は、“せともの”の由来となった町であり、千年以上もの間、途絶えることなく、やきものを焼き続けている産地です。時々、衰退しながらも、時代に合った新たなモノを生み出し、不死鳥のごとくよみがえってきました。ものづくり魂あふれるこの町は、何かをつくって、売って、暮らす人に対して、とてつもなく寛容です。

最近では、中心市街地の空き家をアトリエや工房にして活動する、若い“ツクリテ”たちがジワジワと集まり、何かがうごめいています。『ほやほや』の編集室も、築約140年の日本初の珈琲カップの製造に成功した、陶芸家の川本桝吉氏旧邸宅であり、現在はゲストハウスとして利用されている「ますきち」の中にあります。その一角に机を置き、ウンウン、うなりながら原稿を書いています。

「ほやほや」とは、瀬戸弁で「そう、そう」という相槌のことです。
読者のみなさんに「ほや、ほや」と共感していただいたり、されなかったりしながら、この町で巻き起こるいろいろを楽しんでいただけたら、嬉しい限りです。

上浦未来
2018年7月吉日

編集室
所在地 〒489-0042 愛知県瀬戸市仲切町22
お問い合わせ info@hoyahoya-seto.com

ウェブ制作にご協力いただいた、
すばらしいみなさん

[タイトル背景画] 現代美術作家・石塚沙矢香さん

[イラスト] 農家・渡邉 幹さん(たいようまるかじり

[タイトルなどのデザイン] 安藤紫野さん(こゆるぎデザイン

[設計・プログラム] いいぬまゆみ子さん(すさび株式会社

[ほや子の部屋など固定ページ写真] カメラマン・濱津和貴さん

【ウェブ制作にご協力いただいた、すばらしいみなさん】
タイトル背景画:現代美術作家・石塚沙矢香さん
イラスト:農家・渡邉 幹さん(たいようまるかじり
タイトルなどのデザイン:安藤紫野さん(こゆるぎデザイン
設計・プログラム:いいぬまゆみ子さん(すさび株式会社
ほや子の部屋など固定ページ写真:カメラマン・濱津和貴さん

愛知県瀬戸市の町歩きエッセイ ほやほや
ページの最初へ