この夏、愛知県は最高で40℃まではね上がり、暑くて暑くて、こりゃいかん、動けん〜という日々が続いている。お盆過ぎに涼しくなったかと思いきや、ここ数日で暑さ再び。今度は蒸し蒸し系の暑さで、ボーッとしてもうたいへんだ。
今年7月末、ゲストハウス「ますきち」が仮オープンし、あれからあっという間に約1ヶ月。
実はまだまだ改装は続いており、現在は年に一度の大イベント、9/8(土)、9/9(日)に開催される「せともの祭」を目指して、宿泊のお客さんと地元の方がくつろげるコミュニティスペースをつくっている。この部屋は、南君と大工さんが「かっこよくするぞー!」と気合いを入れてつくっていて、フローリングにローテーブルとソファを置いてくつろいだり、テーブル席でパソコン作業ができたり、アーティストや陶芸家さんの展示に使ってもらえたらいいねと、かなり使い勝手の良い空間にするつもりのようだ。

実は『ほやほや』の編集室も、ここにつくっていて、どうなるのかな〜? と改装の様子を見ていたら、まずは築140年の古民家のため、まずは床をひっぺはがし、床下の状態を確認。柱の一部が腐って、床がへこんでしまっていたので、それを補強して、ついでに、ちょっとしたゆがみもまっすぐに。土台が整ったら、断熱材を入れて、冬の底冷え対策を。その上に、古い家を解体するときにゆずってもらった古材や、市内の窯元さんにいただいた、成形した器を乾燥したり、運ぶための“もろ板”と呼ばれる板を使って、やきもののまち・瀬戸らしい歴史を刻んで、仕上げるらしい。壁はこれからなので、また今度。

最初はタンスや布団、テーブルなどであふれていた物置き部屋が、ここ1週間ぐらいで、ちゃんとしたお店っぽい空間になってきた! ここ数日で作業は飛躍的に進み、私の編集室も小屋感あふれる造りに。カウンターもつけてもらって、今後はわたくしめがママになって“スナック”イベントも開くべく、ミニバーカウンターのようなものもつくろうと盛り上がっとるもんで、遊びにきてください〜。

関連記事

ゲストハウスますきち