愛知県瀬戸市は “せともの”の語源となった、やきものの産地です。1000年以上も途絶えることなく、やきものを焼き続けている、世界的にみてもかなり特殊な町です。中心市街地に窯元が集まる地区があったり、窯道具でつくった“窯垣”の小径があったりするので、のんびりおさんぽがオススメです。
瀬戸市内の窯元や工場の職人さんにお会いできる次回の大きなイベントは、11月10日(土)・11日(日)には「ゆるり秋の窯めぐり」の開催が予定されています。ご興味のある方は、ぜひご参加くださいませ〜!

 

関連記事

瀬戸市のニューウェ〜ブ。“ツクリテ”をご紹介。

編集室はゲストハウス「ますきち」ですヨ